[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金について

[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金について



[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金についてブログ:2014-12-13


小さい頃、
わたくしはパパに対して不満がありました。

わたくしは、パパに誉めてもらった記憶がないのです。

パパの言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

わたくしにはそれがパパから見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「パパはわたくしのことがあんまり好きじゃないんだ、
だから夜も日曜日も家にいないんだ」
「パパが誉めてくれないのは、わたくしがダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩息子であると自覚があるくらいですから、
パパにとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

パパがわたくしに言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「わたくしを傷つけた」「わたくしに寂しい思いをさせた」
「わたくしに自信がないのはパパのせいだ」
「わたくしの求めるパパではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざんパパのことを否定し、
責め続けてきたわたくしにとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、パパの愛だったのです。

[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金について

[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金について

★メニュー

[お役立ちガイド]石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電
[お役立ちガイド]売電だけを目的とした投資対象としての利用
[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう
[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富
[お役立ちガイド]自宅にあったメーカを選ぶということでオーダーメイドとも言える
[お役立ちガイド]訪問販売でのトラブルが後を絶ちません
[お役立ちガイド]全ての見積サイトが優良とは限らない
[お役立ちガイド]こんなに便利な太陽光発電システムもあります
[お役立ちガイド]毎月の電気による利益計算は可能
[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金について


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)時代が呼んでいる太陽光発電