[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富

[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富


[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富
日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
年間を通して温かい地域でもあり、さらに晴れが多いことからその分発電量が多くなっているワケです。暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまりこのことから極端に暑ければ太陽光発電の効果が向上するということではありませんのでご注意ください。太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
そのような特性上、南の地方ほど発電量が多くなるというイメージを持ってしまいますが決してそういうワケではありません。 一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか?




[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富ブログ:2019-1-09

嫁がお子さんの長い休みを嫌う理由の一つは、
24時間三度の食事の用意です。

食事の時間前になると、
お子さんたちは「今日はなに?」と
嫁に献立を尋ねています。

フクロの味ではなく、
おフクロの味にこだわっている嫁にしてみれば、
自業自得なのですが、
クチで言う割には楽しんでいるように見えます。

外では11時になると
「今日は何を食べようか」と迷いますが、
それは主にオカズの選択です。

美味しいのはオカズであり、
ごはんは味もそっけもありません。
ですからオカズが関心事になります。

ところで
オカズは毎日同じものだと必ず飽きてきますよね。
どうしても日替わりが必要になります。
それがお母さんの重荷になるわけです。

美味しさには飽きがくるという宿命がありますが、
それを回避するために別の美味しさを求めるようになります。

甘いものの次は、辛いものといった食べ方です。
残り味を別の味で打ち消していこうとすると、
やがて味はだんだんに濃くなっていきます。

主食であるごはんには味がありません。
だから、決して飽きずに毎日食べられるのです。

オカズを食べたら次にごはんを食べる…
ごはんで味覚をぬぐうようにすれば、
次に食べるオカズが薄味であっても
十分に美味しく感じられます。

ごはんは味のご破算をしてくれる役割を担っているんですね。
味がない状態に常に戻ることが、味覚を洗練するコツです。

食事に限らず、
日頃から面白いことばかり追い求めていると
気づかないうちに過激になっていき、
洗練された感性からはぐれていって、終いには中毒状態に…

感受性を磨くには
感じない状態を保つ努力が必要だと思います。
[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富

[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富

★メニュー

[お役立ちガイド]石油などに変わる新しいエネルギーの太陽光発電
[お役立ちガイド]売電だけを目的とした投資対象としての利用
[お役立ちガイド]太陽光発電の普及支援は絶対に利用しよう
[お役立ちガイド]安定的に暖かくて晴れが多い地域が発電量豊富
[お役立ちガイド]自宅にあったメーカを選ぶということでオーダーメイドとも言える
[お役立ちガイド]訪問販売でのトラブルが後を絶ちません
[お役立ちガイド]全ての見積サイトが優良とは限らない
[お役立ちガイド]こんなに便利な太陽光発電システムもあります
[お役立ちガイド]毎月の電気による利益計算は可能
[お役立ちガイド]貴方の住んでいる地区の補助金について


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)時代が呼んでいる太陽光発電